LPガス法律相談

LPガスの販売等を取り扱うことができる国家資格「高圧ガス販売主任者(第二種)」の資格を活かし、LPガス・プロパンガスに関する法律相談も積極的に行っております。

 

2019年9月5日には、「高圧ガス販売主任者(第二種)の弁護士が考える 無償配管をめぐる法律問題の現状と課題」と題し、セミナーも開催しました。

 

セミナーのレジュメのタイトルを参考までに掲載いたします。


無償配管をめぐる法律問題の現状と課題

第1 自己紹介

 

第2 はじめに

 1 無償配管の定義

 

 2 LPガス販売契約と設備貸与契約の区別

(1)当事者は誰か

(2)契約の内容

 

 3 場合分けの視点

(1)建物所有者とLPガス利用者は同一か

(2)建物所有者が消費者なのか、事業者なのか

 

第3 無償配管をめぐる諸問題

 1 無償配管の法律関係

(1)設備貸与契約の法的性質

(2)設備の貸与と「付合」

(3)償金の請求

(4)設備貸与契約の意義-利益調整の合意-

 

 2 設備貸与契約書

(1)記載事項

(2)違約金条項の有効性

 

 3 販売事業者の切り替え

 

 4 精算金の算定

(1)「適正な対価」(施行規則第16条17号)

(2)独自の計算方法の妥当性

 

 5 1週間ルールの意義

 

 6 1週間ルールの効果

 

 7 建物所有権の移転に伴う問題

 

 8 無償配管の課題

(1)加熱する競争

(2)消費者の信頼獲得

(3)契約書による防御と個別案件の対応

 

 9 選べるエネルギーであるために

 

以上